2021年2月16日火曜日

アイス合宿in八ヶ岳

醤油樽の滝

期日 : 2021/02/13~02/14

山域 : 八ヶ岳 (醤油樽周辺)(角木場)

メンバー : サトちゃん、うっちー、miちゃん、yくん、kazu

忘れたころに更新となってしまっているブログだが久々の更新だ

今回は久しぶりにガッツリ腰を据えてアイスの練習をしようということになりゲレンデでの練習を選択した

miちゃんとyくんは初アイス

なので初日は基本的なムーブの練習がしやすい割と簡単な場所という選択で醤油樽に

翌日は初日の様子を見て行けそうなら少しグレードを上げて角木場に行くことにした。

 初めに断っておくが決しておじさんが歩くのが嫌で近場で済ませたわけでないことを一言付け加えておく

02/13

 前夜9時にいつも通りうっちーにお迎えに来てもらう。いつもありがとう。

 うっちーはもうすぐ車を新しくするので私がこの車に乗るのは最後になるかもとのことだった。私も随分とこの車にはお世話になった。感謝だ。

 余談だがずいぶん前からうっちーの次の車にはキャンピングカーを勧めていたのだが、これはあえなく却下された。

 その後いつも通り中央道をぶっ飛ばし、原SAで仮眠し当日の朝5時45分に諏訪南インターすぐのコンビニで残りのメンバーと合流予定だ。

 朝起床予定時間よりも前にうっちーがやたら車から降りたり乗ったりを繰り返す。

気になってどうしたのかと聞くとまさかの事件が!

 服を忘れたという。服は着ているように私には見えたのだが、とにかく気になってしょうがない。とのことでうっちーは一度家に帰ってまた戻ってくるという。それならば少しでも早く戻った方がよいので集合時間より先にコンビニまで移動し私は1人寂しくコンビニでメンバーを待つことにした。

 今回が長距離ランのラストになるので思いっきり走ることがでうっちーも車もきさぞ満足したことだろ。

その後しばらくしてメンバーが集合。

メンバーに上記の旨を伝える。

皆言葉を失うw

 いつまでも話していても時間が無駄なので、気持ちを切り替え(うっちーのことは一度忘れて)現地に向かうことにした。

 桜平の駐車場に車を置いて林道を歩く。林道にかかる橋を渡り少しすれば醤油樽の滝へと続く登山道の入り口がある。昨シーズンにdaiと来た時に比べると雪はずいぶん多く感じた。

 分岐手前で準備をするパーティーがいた。こちらをやたらジロジロ見てくるので何かと思えばうっちーの山岳会の人たちだった。目的地は同じなので「我々はF1で練習してから醤油樽の滝へあがっていくのでロープを張っておいてください」と挨拶をして先に進んだ。

 もちろんだが、うっちーの事件簿も伝えておいた。

 登山道に入り20分ほどで最初の氷瀑が出てくる

醤油樽 F1

小さな氷瀑だが割と垂直で初心者がムーブを練習するにはちょうど良い

とりあえずは誰もいないのでトップロープを張って練習してみることにした。

一発目のリードは珍しくサトちゃんが手を上げた。

やはり人間、後輩がいるとそれなりの自覚は出るようだ。


 miちゃんもyくんも岩場でのクライミング経験者だということもあるが、何より若いので少し教えたらあっという間に登れるようになった。


 そんな彼らに我々が教えられることなど、たかが知れているので僅か2時間で我々のスクールは無事卒業となった。

 これはあくまで私の個人的な見解なのでもし「それは違う」と思った方がいても当方へのコメント等は受け付けませんのでご了承願いますw

アイスクライミングは基本、道具で登る。

基本的な動作を身に着けてしまえばある程度の氷壁はすぐに登れるようになる。

なので初めてアイスクライミングをして2回目にはすっかり中級レベルになってしまう人もいる。

(これはトップロープなどを使ってのあくまでも登攀だけの話に限るが)

 彼らに卒業の旨を伝えると「我々の教え方が良いから」と、これまたおじさんの心をくすぐることを言ってくれた。(やや言わせた感もあるがw)

 そういえば昔、私が師匠にアイスを教えていただいたときに「アイスはワルツだ」「ワルツのリズムだ」と教えて頂いた。当時の私は師匠が怖いので「はい!」と返事はしていたがはっきりいって何のことかさっぱりわからなかった。

まぁ今でもよくわからないままなのだがwww

 miちゃんとyくんが無事に我々のスクールを卒業できたので醤油樽の滝に行くことにした。

醤油樽の滝までは初めの滝から15分くらいだ。

醬油樽の滝

 到着するとうっちーの山岳会の人たちがトップロープで練習していた。

ちょうど終わるタイミングだというのでリードするのが面倒な私はそのロープをお借りして一本登りトップロープをセットさせていただいた。

 垂直ではないが醬油樽の滝の高さはおおよそ35m。

流石にアイス初めての2人はその大きさには感動していた。

 この滝は技術的に難しいことはないがアイス自体になれていないと上部に差し掛かるころには前腕とふくらはぎがきっとプルプルしてくるだろう。



 我々が醤油樽に着いたときは混雑していた滝も私たちと入れ替わりのように他のパーティーは下山され気が付けば貸し切り状態になっていた。

 当日は春を感じてしまうほど暖かく醬油樽の滝は午後になると日が当たるので滝の表面はかなり緩んできた。

ところで、すっかり忘れているがうっちーは無事に11時頃に桜平に戻ってきていたのだが駐車スペースが無いという言い訳で上がってくることは無かった。

 なんとなく皆お腹いっぱい感が出てきたので私が最後に登りロープを回収して下山した。

林道に戻り駐車場までの道のりが意外に長く感じたのは私だけだろうか?

その後うっちーと合流し民宿に移動。

 私とサトちゃんはうっちーが我々を待っている間きっとニヤニヤしながら車でスマホでもいじっているだろうと予想していたのだが聞けば「明日行く場所の偵察をしてきました!」とのこと。うっちー「勝手な想像で盛り上がり、すまん。」いつに間にそんなにデキル男になったのだ?

 ところが話をよく聞けば角木場ではなく、その先にある美濃戸の氷柱エリアを見てきただけで「角木場は見ていません」と言う。おしい。しかし、そういう少し残念なとこがうっちーの持ち味であり可愛いとこだ。そんなところが皆に愛されるキャラなる所以なのだろう。

夜はmiちゃんが食事一切を仕切ってくた。

 「何か手伝おうか」と声はもちろんかけたのだが、ゆっくり飲んでいてくださいとの甘い言葉を疑うことなく素直に受け入れダメ男4人は何も手伝いもせず、只々酒を飲んで馬鹿話で盛り上がっていた。

なんかごめんなさい。

そして夜は更けるが馬鹿話が尽きることは無い。それでも明日のこともあるので二日酔いになる前にとお開きにすることにした。


2/14

 6時に起床し朝食までもmiちゃんにあまえ美味しく頂く。

7時少しまわったくらいに民宿を出発し美濃戸口に移動。八ヶ岳山荘さんの駐車場に車を停め角木場に移動。


 私もサトちゃんも角木場は初めてなので勝手がよく分からず少しウロウロした。

 ネットでの事前情報通りトップロープを張りに行くのが少々いやらしい。

角木場氷柱群

昨日に引き続きここでも知り合いに遭遇。

 角木場はトップロープでしか遊べないので互いに張ったロープを貸し借りすることでロープを張りなおすことなく数本のルートを楽しむことができた。

 昨日の醤油樽と違いここは氷柱ベースのアイスになるため少しばかりグレードがあがる。

 とりあえずyくんに1本登ってもらう。


 あっさり完登。

 もう少し苦労してくれればいいのにと私が思ったことはサトちゃんもきっと思っていたことだろう。

つぎにmiちゃん。

少しつらそうな場面もあったが問題なく終了。


 その後私が続いたのだがここでかっこ悪い姿を見せるわけにもいかないので何か変なプレッシャーを感じながらの登攀。

一応、面子は保ったとは思う。

 その後各自登りたい場所を時間と体力の許す限り楽しんだ。

午後2時前くらいにyくん、miちゃんから気持ちは登りたいが身体がもたないとのこと。

私とサトちゃんはずいぶん前から「若いって素晴らしいね」とおじさんモードでまったりしていたのだがw


 ところで、うっちーは昨日のぶんまで取り戻す勢いで登るのだと思っていたのだがなんだか少し元気がない。

大丈夫か?体調が悪そうなので声をかけると何のことは無いただの二日酔いだ。

昨晩は二日酔いになる前に切り上げたはずなのだが?いったいいつの間にそんなに飲んでいたのだ?

残念ながらクライミングはあまりできなかったが、きっとその分、昨晩はさぞ楽しかったのだろう。

そんなこんなで2日間のアイス合宿は終了。

駐車場に戻って解散したのは15時。

いつも通り多少の事件はあったが楽しい2日間だった。

何より初アイスのお二人がとても楽しんでくれたことが嬉しかった。

今回、サトちゃんにも完璧なサポートしてもらい感謝。

ただ、今回はサトちゃんネタが少なくサトちゃんファンの方には申し訳ない。

それでは今回はこの辺りで。

おまけ

うっちーの体調があまりよくなさそうだったので帰りの車は私が運転していこうと思い、うっちーに告げると「大丈夫っす。運転は別腹っす」と訳の分からないことを言って帰りも運転してくれた。

うっちーいつも運転ありがとう。




























2020年9月8日火曜日

ひとりごと

  私がこのタイトルでブログを更新するときはおおよそ気分の良くない話だ。

なのであまり読んでもらわないほうがよいのかもしれない。

先日、北アルプスの某人気岳に日帰りで行ってきた。

さすがに超人気エリアでコロナ禍にあってもたくさんの登山者でにぎわっていた。

まさに老若男女いろいろだ。

あまり登山に慣れていないような方たちも多く、頑張って登っている姿は微笑ましくも

見えた。

そんななか今回の独り言は”トレラン”だ。

もともと私はトレラン(以下ランナー)にはあまり良い印象は持ってはいない。

それは私の個人的な感情なのでどうでもよいことだが。

そもそも山は自由だ。

なので登山道を歩こうが走ろうが私は勝手にすればよいと思っている。

また、ランナーがトレイルを外して走りそれが自然破壊になってるとか難しいことを

言っている賢い方もお見えのようだがそのあたりの事は私にはよくわからない。

それに登山者だってトレイルを外すことはよくある。

アルパインクライマーなどは、そもそも登山道を使わない(取り付きまでは使うが)

結局のところ、登山者でもランナーでも要はやりすぎないことが大切なのではないかと思う

どんなことでもそうだと思うが、度が過ぎれば問題になる。

ネットでもよく話題になっている登山者とトレランの共存的な考察をここでする気は

もちろんない。

なぜなら 私は難しいことを考えるのは得意ではないからだ。

ただ、今回は私が遭遇した、ちょっとどうかしている?ランナーに言いたいことがある。

山頂付近のテンバの奥にトイレに行くためだけの道がある。

そこを走るか?トイレに行くだけだろ?

ちびりそうなのか?

すれ違うのもやっとな道幅。私は意地悪なのでどかないが何人かの登山者は壁に張り付くよ

うに道を譲っていた。

それはもう、ただのトイレの順番ぬかしだ。

下山時後方から追い立ててくるランナー(本人はそんなつもりはないのかもしれないが)

どうしても、そう感じてしまうランナーは少なくはない。

それに、譲ったんだからせめて会釈の一つくらいはあってもよいのでは?

そんなことは思ってはいないのかもしれないが「おせー奴はどけや!」

「俺、はえーだろ!」的な感じがどうしても漂ってくる。

ご年配の夫婦や小さな子供を連れたおかあさん。奴らはそんな人たちにさえも無慈悲だ。

例え、そこが降りにくく危険な場所でも。

あまり山慣れしていなさそうな人たちが、恐る恐る降りている場所で背後から

攻め立てられるのだから、見ているこっちが怖い。

なかにはテンパって動けなくなる方もいた。

少し先にすれ違える場所があっても、一秒でも早く先に行きたい。そう感じる。

最近、巷で話題の「あおり運転」となんら変わらない。

悪質な「あおり運転」は、おまわりさんに逮捕されるらしい。

そんな奴らは県警の山岳パトロール隊に逮捕されてしまえばいいのにと思う。

もちろん、全てのランナーがそんな奴ではないことは私も知っている。

私の知り合いにも多くのランナーがいるがそんな奴はいない。はず?

今回、遭遇したなかの一人はたぶん経験の浅いランナーだと思うが、平坦な場所では全力で

走り、岩などで段差が大きく降りにくい場所は極端に遅い。

それでも、ゆっくりな登山者を押しのけてでも先に行こうとする。

流石に見ていて気分が悪い。

たいして早くもないので私が逆に後ろから追い立ててやることにしてみた。

すると、振り返ってサングラス越しに私の顔を見てきた。

自分でいうのもなんだが私は人相があまりよくない。

そいつは必死になって降りて行った。それでも私は意地悪なのでスリップストリームばりに

着いて行ってやった。あまりやりすぎて転んで怪我でもされると気分が悪いので

適当なところでやめたが。

やつも、これで少しは追い立てられる側の人の気持ちが分かったのではないだろうか。

冒頭にも書いたが「山は自由だ」だから私は登っている。

だが、自由を貫くためには責任が必要になる。

自由と責任は二個一だと私は思っている。

自由になろうとするほど、その責任は大きくなっていく事を知ってほしい。

今回、たまたま遭遇したランナーが、たまたまそんな奴だったからここに書いてみたが

登山者にだって非常識な奴はもちろんいる。

山に入るすべての人が、人と山と自然に敬意をもって接し自身への謙虚さを忘れなければ

きっと素敵な休日になると私は思うのだが、皆さんはどう思われただろうか?

今回、それっぽく書いてはみたが要するに山に行ったら「ちょっとイカれた奴」がいた。

ただそれだけの話だ。














2020年2月27日木曜日

西穂高岳 西尾根 敗退

第1岩峰取り付き手前

昨年夏の源次郎いらい久しぶりのブログ更新だ。

ごくごくわずかな「TO THE LIMIT」ファンの方々大変お待たせいたしましたw

年末年始はずっと山には入っていたのだが槍ヶ岳中崎尾根敗退。黒百合ヒュッテベースの飲み会。それ以前もどこかしらの山に入ってはいたが内容も乏しく執筆活動にも力が入らず今日に至る。

年末の中崎尾根に至っては写真すらろくにない有様だ。

今回、久しぶりに書きかけたので西穂の前に少しだけ前回の槍の話もしておこう。

昨年の年末はそれまでの暖冬から一変して大型の寒波の襲撃により大荒れの予報に
参加メンバー全員で話し合いいったんは中止の方向で折り合いがつく。

それでも私は30日の好天予報がどうしても捨てきれず、うっちーと2人で決行することにした。

2019年8月15日木曜日

2019 剱岳 源次郎尾根

劔沢BCから

期日 2019/08/11~13
山域 北アルプス 剱岳 源次郎尾根
メンバー Tちゃん Mちゃん Kazu

 梅雨明けと同時に本格的な夏を感じ暑さがこたえる。

今年の夏休みはゴールデンウイークに続き暦の都合もあってか割と休めそうだ。

今回は劒沢をベースにしてあれこれ勝手に考えていた。

Tちゃんたちを源次郎に連れてい行く約束もあり、個人的にはチンネにも行きたい。
せっかく劔まで行くので欲がでる。

前半で源次郎、後半でメンバーを入れ替えチンネ。
なんとも贅沢な計画だ。

ただ、これは私の勝手な妄想だ。いつものことだが、私は山行計画をたてる前に嫁からの山行許可を得なければならない。これが毎回一番の核心となる。
しかし今回はなにやら嫁のご機嫌もよく予想外に安易に許可を取ることができた。

2019年7月9日火曜日

御在所岳 マル秘トレーニング


期日 2019/07/07
山域 鈴鹿山系 御在所岳
メンバー うっちー Kazu

梅雨真っただ中の今日この頃。
天気予報とにらめっこする日々が続く。

今日は7月7日。七夕だ。誰か僕の織姫を知りませんか?

さて、くだらない前置きはおこの辺にして今回の山行レポに。

我々アルパインクライマー(自称)は登山というジャンルの中のことは一通りこなせなければならない。もちろん、どこのレベルまで達するかは人それぞれだがw

なので我々は日々各種トレーニングを行わなければならない。

2019年5月6日月曜日

2019 白馬

白馬主稜の3峰から見た杓子

期日 2019/05/02~04
山域 北アルプス 白馬
ルート 白馬主稜〜小蓮華〜栂池
メンバー サトちゃん、R、うっちー、kazu

今年のゴールデンウイークは元号が変わるという一大イベントもあり休みの長かった方も多いのではなかっただろうか。かくゆう私自身も例年よりは長い休みをいただくことができた。

さて、そんな中、今年はどこに行こうか?などと愉快な仲間達と夢は広がる。

去年のGWは天候にやられ散々だった。
やはりここは去年のGWのリベンジという流れが順当だろう。ということで涸沢へ行くことが決定した。

出発日が近づくにつれ天気は良い方へとかわりそれに比例し我々のワクワク感んも高まっていった。

そんな前日、メンバーの一人が熱にやられ参加ができなくなった。
残念ではあるが病気には勝てない。次回に期待して今回は涙を飲んでもらった。

そして迎えた出発日。
朝一でMちゃんから電話が。私は冗談で『熱でもでたか?』というと『ぎっくり腰で動けない』との返事が。

これには私も流石に言葉を失った。

出発日を1日遅らせ様子を見ようかとも思ったのだがMちゃんは1日で良くなるとは思えないとのことだった。

もともとはこの3人(熱の病欠含む)のために涸沢へ入る予定だったのだがこうなってしまってはあまり涸沢に行く意味もない。

どうするか残りのメンバーと相談する。

結果、白馬の主稜が候補に上がった。

Rを連れて行くには多少の不安もあったが総勢4名、残りのメンバーには不安はない。
R1人ぐらいならば私が面倒を見れば済むこと。

ということで今回のGWは白馬へ。
さて今回の山行はどんな山行になるだろうか?w

ひとりごと

先日、白馬主稜に行ってきた。

初日に3峰まであがりビバーク。
翌日1峰の雪壁へ。私達パーティーの前に2パーティー。

順番を待って私が取り付く。
トップに向かってロープを伸ばす。

後ろを振り返ると沢山の人が上がってきていた。

私たちは4人、2パーティー編成で最後の雪壁を踏破。

私のパーティーが先行し、次に続くため取り付きで待つ2人。

私が抜けビレイに入りセカンドを上げる。

そんな頃どこかの(おそらくはガイドチーム)だと思うが横からすり抜けていく。

雪壁は幅も広いのでどこからでも上がることは可能だ。

しかし、出口は一つ。

ちょっとイラっとする。

その後それが発端となって他のパーティーもなだれ込む。

私たちのパーティーは分断される形になった。

次から次に後に続く。登攀者同士の間隔もない。

前の人が落ちたら確実に皆んな巻き込まれてしまうような距離だ。

怖くはないのだろうか?

そんなに慌てて登らなければいけないのか?

なにをそんなに慌てているのか?

その割には登攀後、小屋でゆっくりしていた人も目に付いた。

他のパーティーのことをどうこう言うつもりはないが上からのビレイを見ているともうめちゃくちゃだ。

それで確保できているのか?セカンドがもし落ちたらその姿勢で耐えられるのか?
私にはどう見ても確保できるようには見えない。

小柄な女性がリードしスキーの板を担いだ男性をビレイしてる。

セルフも取らずしゃがみこんで肩絡みふうな格好でロープを握る女性。

もし、後続が落ちれば(雪壁なのでクライミングのような落下はないので)ずり落ちながら止まるはずの後続が上のビレイ者を引きづり込むような形になるのは明らかだ。

落ちないのが前提のビレイやーが多すぎる。

万が一のためのロープによる確保。

万が一だから適当なのか?

そんなビレイならロープを出さず、各自フリーで登った方がどれだけリスクが少ないか?

白馬主稜は技術的にはそんなに難しい場所は少ない。
どちらかといえば体力勝負なルートだと私は思う。

だからと言ってそういう技術がいらないわけではない。

仲間を落とさない。怪我をさせない。もちろん自分自身も。

最低限のルールはここに尽きると思う。

その確保で自分と仲間を守れるかもう一度考えてほしい。

そして、そんなやつらに巻き込まれ事故にあうのも全くゴメンだ。

2019年1月9日水曜日

年末年始八ヶ岳


期日 2018/12/29~2019/01/02
山域 南八ヶ岳 阿弥陀岳 北稜 赤岳 主稜
   北八ヶ岳 天狗岳
メンバー kazu サトちゃん Tちゃん Mちゃん ウッチー リエ


 年末年始の八ヶ岳は今回でかれこれ7年連続になる。
回を重ねるたびに楽しい仲間が増えていくのは私にとってとても嬉しいことだ。
ただ、仲間が増えていくのに比例して飲む酒の量も増えていくのはどうしたものか。

 今回の山行の目的は宴会
あとはウッチーの冬季登攀のトレーニング。
Tちゃん、Mちゃん、リエの赤岳主稜ツアーのガイドだ。
サトちゃんは暇人なので私のフォローで入山をお願いした。

 山行の内容は昨年の年末山行と変わらない。

 阿弥陀北稜、赤岳主稜。一体何度登ったのだろうか。ただ、何度登ってもその都度違った様相を見せてくれるので飽きることのない良ルートだと思う。

2019年1月1日火曜日

A Happy New Year




皆様あけましておめでとうございます。


今年も宜しくお願いします。

2018年12月29日土曜日

気がつけば、今年も残すところ後少し。
平成も終わる。 

ここで仕事のことを書くつもりはないが、 お盆すぎからの忙しさは尋常じゃなかった。
仕事も無事終わり今週はわりとゆったりした一週間だった。
 明日で今年の業務も終了。

去年の年末年始の八ヶ岳に始まり春、夏、秋をへて冬。

そして明日からは年末恒例の八ヶ岳年越し山行。


今年は3月の頭には1つの目標だった奥穂高に登り、その後はなんだか締まらない1年だった。

いろいろ予定はあったものの天候や仕事にやられ消化不良感の残る年になってしまった。

せめて無雪期にチャレンジ山行を1つでも出来ていれば今思う気持ちも違っていただろう。

私にとって山とは?

もちろん趣味だ。私は登山家でもなく。冒険家でもない。

楽しく山に行き無事に帰る。これが重要だ。

ただ、時々は冒険心をくすぐるような。気持ちを熱くするような登山がしたい。

来年も楽しく、無事に、そしてたまに熱い山行を目指して頑張ります。

少し早めではありますが、皆様今年も1年お世話になりました。
来年もよろしくお願いいたします。

皆様にとって新たな1年が素敵な年になりますように。Kazu.










2018年12月24日月曜日

稲子岳南壁左カンテ

P4
期日 2018/12/22~23
山域 北八ヶ岳 稲子岳 左カンテルート おまけ 裏同心ルンゼ F1のみ
メンバー Kazu , サトちゃん

今年の夏休みにご縁があって私の次男が黒百合ヒュッテでアルバイトをすることに。
役に立っているのかどうかはわからないが引き続き冬休みも呼んでいただけることになり小屋までとはいえ冬山に1人で行かせるのも多少不安もあり小屋まで送っていくことにした。せっかくそこまで行くのに何もせず帰ってくるのももったいない。
前から気になっていた稲子岳に行くには良いチャンスだ。

Daiは最近忙しく遊んで くれないw
やはりここは暇人サトちゃんに連絡。返事は即答でOK。流石頼りになる男だ。

当初の予定は黒百合に1泊の予定だったが、サトちゃんが翌日の夕方に赤岳鉱泉で友人と待ち合わせをしていると聞く。少々ハードになるがサトちゃんをいじめるべく計画を見直し日帰りでやることにした。翌日は朝から登り裏同心へ行ってサトちゃんと別れ私はそのまま下山することにした。

アイス合宿in八ヶ岳

醤油樽の滝 期日 : 2021/02/13~02/14 山域 : 八ヶ岳 (醤油樽周辺)(角木場) メンバー : サトちゃん、うっちー、miちゃん、yくん、kazu 忘れたころに更新となってしまっているブログだが久々の更新だ 今回は久しぶりにガッツリ腰を据えてアイスの練習をしよう...